~ 地図 ~

ピンをクリックして詳細情報を見る

~ スペース一覧 ~

Space Bambi

本郷5丁目25-16 203&303

「志がある学生や学生の団体」が熱く議論するための、紹介制の下で運営・利用する24時間の利用が可能な赤門近くにあるビルの二部屋。二つの部屋は対比的であり、二階はホワイトボードなど会議備品が一通り揃ったミーティングスペース.落ち着いてクリーンな理知的空間に対して、三階は落ち着いた空間デザインで大型画面のあるリビングは学生たちが所属団体などを超えて、飲食しながら、和気あいあいと日夜議論している。(ともにWi-Fi並びに電源、ディスプレイ完備)会員はオンラインでの予約のみで、入室直前での受付なく利用できる気軽さは今後、より密な利用のポテンシャルを持つ。地方の志のある企業の支援があり、利用者を対象とした複数の法人会員との月例会が将来的には開催予定。

知るカフェ

本郷5丁目25-17 2F

今や世界展開もする「大学のそばのもう一つの大学」。まず取り上げるべきは社会人と気軽に話せるように、工夫されたカフェ空間。シックなトーンの店内に、期間限定のメニュー含め充実したドリンク(一杯無料・90分に一回おかわりも)、洒落たマグコップとそこらのカフェにも引けを取らない。学生による団体利用こそないが、快適な空間ゆえにWi-Fi・電源完備で自習できるスペースとして利用する学生で日中も賑わう。学生が大きな裁量を持つ運営体制も特徴であり、学生運営の意見を踏まえて開催される協賛企業のイベントは開催回数も他より頭一つ多い。

本郷テックガレージ

本郷5丁目24-5 角川本郷ビル 2F

東京大学産学協創推進本部の下部組織として存在する現役東大生向けのプログラミングや工作用のスペース。逆張りのアイデアをもとにした、ソフトウェアやハードウェアを作る技術プロジェクトを応募し、承認された場合に支援金や工作機械、作業場所、数十万円分のクラウド環境を利用可能になる。プロジェクトのアイデアに関して、ホームページ上に支援するもの、支援対象外のものや過去に採用されているものの一例が明記されてるのも大きな特徴。他プロジェクトへの技術支援などのコミュニティへの貢献が求めれるが、コミュニティでの自主勉強会など様々な交流が成されている。(ホームページ情報より)

HELLO, VISITS

本郷4丁目1-7 第2近江屋ビル

本郷では最大級の学生専用スペース。1Fと2Fがあり、審査制もない。学生同士や学生と社会人の交流の中で「人やアイディアとの出会い:serendipity」を生み、そこからイノベーションを生み出すco-creationスペースを目指す。平常時はアイスクリーム・ポップコーンやドリンク・Wi-fi・電源を無料で提供し、コミュニティスペースとして学生に空間を開放。おしゃべりや意見交換や勉強会、MTGなどの利用が推奨され、自習には向かない。店の運営、イベントの企画・実施等を行う学生コミュニケーターは学生同士の繋がりを生む役目を担い、スペースで1つのコミュニティ形成を目指す。また、学生と社会人の交流会やゲスト講演・ワークショップ形式のイベント等も開催され、将来的には創造力を向上させるイベントの開催等も予定している

KERNEL HONGO

本郷4丁目1-4 ユニゾ本郷四丁目ビル3,4F

技術で世界を変える志のあるAI技術者や研究者などを対象とした会員制インキュベーションスペース。本格オープンは夏だが、プレオープンしてる現時点で、24時間オープン、食事提供、コミュニティマネージャーの配置と既に手厚い支援体制を整えている。本格オープンに際しては計算資源の自由利用や技術面、ビジネス面でのメンター配置、内装を大きく改装し、二つの広いフロアに、集中して作業できるスペースや歓談できるラウンジなどを設ける予定。随時募集している会員についてスペースの主眼は人工知能(AI)技術だが、AI技術だけでなく、AIを応用可能な分野に造詣が深い学生や社会人も挑戦資格がある。企業との実証実験としてAIに関連したプロジェクトに取りくむ事やスタートアップの立ち上げ、しっかりやりこんでみたい人は門をたたくと良いだろう。

Lab Cafe

本郷4丁目1-7 第2近江屋ビル

深夜営業のサイエンスコミュニティカフェとして今年で十周年を迎える 本郷の学生向けスペースのさきがけは、さらに進化を遂げている。平日の授業終わりの時間帯から日付が変わるまでは”夜カフェ”が曜日ごとで異なる学生のマスターが立ち、ゲームナイトや音楽カフェなど全く異なるコンセプトで運営される他、様々なプロジェクトへの場所の貸し出し、人の紹介など、インキュベーターの一面も持つなど“学生にとって好きなことができるディープな溜まり場・異空間”を体現した取り組みが光る。Wi-Fiや電源完備と作業も捗るが、スペース奥の最も話しやすい距離感で設計された大机を始め、初めましてな相手でも話が弾む空間になってる。多分野の最先端を網羅した本棚の刺激的な並び、世界中のお土産が飾られた棚も知的な探究空間の演出に一役買う。